2009年7月17日金曜日

アロマセラピーで足やせ

足やせのためにできることとして、アロマテラピーにあるアロマフットバスを用いてもいいでしょう。まずくるぶしまですっぽり入れることができるバケツを用意し、やや熱めの湯を張ります。
>>Ranking

そこにアロマオイルを1~2滴入れ、軽く汗をかくまで20分ほど足を浸しましょう。お湯が冷めてきたら差し湯をして一定の温度を保ちます。アロマフットバスに使う精油は目的によって切り替え、足やせや冷え性にはラベンダーやユーカリ、ローズマリーを使います。

ジュニバー、クラリセージ、ゼラニウムは生理痛の改善に効果的なアロマです。ラベンダーやレモン、サイブレスのアロマオイルをアロマフットバスに使うと、利尿や発汗、疲労回復に効果的です。

また、足やせ効果を期待するなら水分の排出を助けむくみを解消するヘリクリサムがいいでしょう。サイプレスやマジョラムを使うと、筋肉痛や疲れた足を労る効果があります。

足の臭い対策なら、アロマフットバスにはティートリーやベルガモット、ペパーミントを利用してください。

ただし、ある程度のセオリーはありますが、気に入った香りを見つけることが重要です。アロマの刺激は嗅覚を介して脳に届き、視床下部に影響を与えます。

この時、好む香りでない場合はどれだけ続けてもアロマセラピーの効果が出ず、リラックス効果や足やせ効果などに反映されないことがあるようです。

同じ薬効を持つ好きな香りのエッセンシャルオイルを上手に組み合わせて、足やせアロマフットバスを毎日の習慣に取り入れてみませんか。
>>Ranking

0 件のコメント: