2009年6月11日木曜日

ダイエットの運動は歩く走る

ダイエットをする時は、セオリーに従った正しい歩き方、走り方を覚えることが大事です。
効果を高めるためにも、根本的なところを押さえましょう。ダイエットのための運動の中で、多くの人が取り組んでいると思われるダイエット運動がウォーキング、歩くことではないでしょうか。
>>Ranking
歩く動作はダイエット運動の根幹かもしれませんが、漫然とした歩行では運動になりません。歩く速さ、リズム、姿勢、時間などに注意しながら歩くことが効果的なダイエット運動になります。ダイエットにいい歩き方は、普通に歩く時より早くなるようにして、背をピンと伸ばして腕がだらりとならないよう意識しながら、一定のペースで歩くことです。

運動効果が高いウォーキングでダイエットを成功させるには、所要時間のコントロールが鍵です。適切な姿勢や速さをキープできてしたとしても、運動そのものを10分程度で終わらせてしまっては意味がありません。ダイエット運動としてのウォーキングが効果を出すために必要な時間は40分と言われています。自分の体調、体力などを考慮しながら、最低でも40分は歩くことがダイエットのためには必要です。

ダイエット運動にウォーキングは物足りないものがあるという方は、より運動量をアップさせるためにはランニングのような運動負荷の大きいものにしましょう。ランニングは、ウォーキングでは運動量的に足りないと感じている方におすすめです。まずは3㎞を目安に走ってみましょう。慣れてきたら少しずつ距離を伸ばしていくことで、ダイエット効果が更に高まります。 >>Ranking

0 件のコメント: