2009年5月18日月曜日

生活習慣の改善によるメタボリック症候群の予防

メタボリック症候群になりやすい生活を改めることで、メタボリック症候群の予防が可能です。現代の日本は便利なモノが溢れ、簡単に生活が送れる環境になっています。近くのコンビニに行く時でも自動車を出すという人も少なくありませんし、自転車や徒歩で移動する範囲はごく狭いところに限られています。 >>Ranking

駅の構内や2階建てのスーパーでも、エスカレーターやエレベーターでの移動が当たり前と化しています。階段をメインに使っているという人は、果たしてどれほどいるのでしょう。普段通りの日常生活を送っている限りにおいては、メタボリック症候群の予防効果はなかなか現れないでしょう。徒歩での移動や階段の使用など、小さなことから体を使ってメタボリック症候群を意識して予防するといいでしょう。 >>Ranking

メタボリック症候群を予防するには、運動面からの改善だけでなく、タバコやアルコールを控えることも効果的です。たばこやお酒の取り過ぎは、体によくない事は誰もが知っていることですが、なかなかやめられないものです。酒のつまみにカロリーの高い食べ物や、飲酒後のラーメンが好きだという人もいます。

お酒を飲み、つまみに油脂分の多い揚げ物などを食べ、食後にたばこを吸うという人もいます。メタボリック症候群にならないよう予防するためには、毎日の生活習慣を改善することが大切なのです。 >>Ranking

0 件のコメント: