2009年5月10日日曜日

断食ダイエットの注意点

期間を区切って食事を摂らない断食ダイエットは空腹に耐えなければなりませんが、膨大な気力が必要とされるほどハードルは高くはないようです。 >>Ranking

ダイエットプランの実行そのものは、頑張ればできます。しかし、断食ダイエットを行うには細心の注意も必要です。断食によってある程度の体重減少効果が見られたなら、その後のケアには要注意です。断食ダイエットによって痩身効果があったことに味をしめ、ずるずると断食期間を延ばしたりたびたび断食をするという方もいます。

ダイエットがうまくいき、目標体重に到達できた時のうれしさは、頑張った人にしかわからないものがあります。けれど、もっともっと体重を減らしたいからと欲を出して、断食の期間を勝手に延長させたりといったことはしてはいけません。長期間の断食は体によくありません。

断食ダイエットを何度も続けていると拒食症や過食症になったり、健康障害の原因になってしまいます。2日間以上の長期間の断食を行うことでダイエット効果を期待するような、期間の長い断食ダイエットもあります。

しかし、このダイエットの場合は断食ダイエット道場のような、ダイエットを行う上での管理者がいるような場所で行われることが多いようです。断食を長期間行うことは、ダイエットのためとはいえ健康によくありません。一人で断食ダイエットを行う場合は、週末だけを利用する期間を限定して行うようにしましょう。 >>Ranking

0 件のコメント: