2009年5月8日金曜日

断食ダイエットの方法

断食ダイエットとは、簡単に言えば、ある一定の期間だけ食事を絶つということになります。

食べ物を摂らないことでダイエットをするという非常に明瞭なダイエットですが、実行に移すとなると色々と大変なものがあります。2日間の断食プログラムを組み、それを実践することで断食ダイエットは行われます。 >>Ranking

平日に断食ダイエットと行うのは食事のコントロールが難しいことから、週末の金曜日の夕食から日曜日の昼食の間にかけて行われるようなプログラムが多いようです。断食ダイエット中に口にしていいものや口してはいけないものは、ほとんどのプランで合致していますが、細部が違います。断食とはいってもいきなり食を抜くのではなく、金曜の夕方は腹6分目で食べます。

土曜日は、水は飲んでも良いのですが、朝食を抜き、昼食と夕食はすまし汁で済ませます。そして、日曜日の朝食におかゆを摂るというダイエット方法でした。粥やすまし汁ではなく、プレーンヨーグルト及び100%のフルーツジュースで行う断食ダイエットもあり、この時は金曜夜から日曜昼までをそれ以外のものを口にしません。

断食のために下剤を用いるという断食ダイエットも存在しています。ダイエットの仕方に若干の違いがある断食ダイエットですが、共通して言えることがあります。短期間の間、食事をせずにカロリー摂取をほぼ無くし、それによって一時的に体内のカロリー供給を落としてダイエットを狙うということです。 >>Ranking

0 件のコメント: