2009年5月7日木曜日

断食ダイエットとは

ダイエットを目的として断食が行われる場合には、カロリー摂取の制限が最大の理由です。蓄積された脂肪を燃焼させるため、低カロリー食に切り替えるダイエットは数多くあります。

わざと食事を取らずにある程度の期間を過ごすことが断食で、通常はあまり長く行いません。一定期間食事をしない行為そのものは絶食もこれにあてはまりますが、絶食は医師の指導の元で健康のために取り組むものです。宗教と断食が密接な関係にあることは一般的な知識であり、苦行や願掛けなどを目的として断食を行う宗教者がいたという事実もあります。
>>Ranking

特にイスラム教の断食は有名なところであると思われますが、ユダヤ教やキリスト教などでも断食があり、これら以外の多くの宗教でも断食が行われています。断食にはダイエット効果がありますが、宗教関係では痩身のためには断食はしません。聖職にある者が断食をするのは精神修養の一環であり、人間の基本的な欲求である食欲をあえて我慢することで意思の強さを鍛えてるというものです。

ダイエットで断食が人の口に上るのは精神修養とは関係なく、口コミサイトによれば断食によって体内のカロリーが欠乏すると貯め込まれた脂肪が消費されるという点からです。

栄養補給がなされなくなった体でも、どこかからエネルギーを獲得する必要があります。生命活動に必要なエネルギーが枯渇すれば、蓄積された脂肪が燃やされます。脂肪が燃えるように断食で摂取カロリーを断ち、効果的なダイエットをするという仕組みです。
>>Ranking

0 件のコメント: