2009年3月24日火曜日

イチローが決めた!WBC連覇!

9回裏にダルビッシュが打たれた時
日本の応援団の頭の中に、嫌なイメージが湧いてきたのではないだろうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000103-jij-spo
その中の一人が、メタボ親父でもあったのだが
その悪いイメージは、10回の表の日本の攻撃、そして、イチローのバットが快音を響かせた瞬間に、どこかへ吹き飛んでしまった。
>>Ranking

へんな言い方かもしれないが、イチロー選手が仕組んだようなまさに、バッシングを浴び続けた憂さ晴らしのようなシナリオだった。

WBC連覇への期待。
その偉業に見事に応えてくれた原監督をはじめとする、侍ジャパンの面々。
日本人として、野球ファンとして頭の下がる思いである。

何事も成し遂げるためには、様々な努力。辛い努力を積み重ねる必要がある。
しかし、努力は報いられるとは限らない。ということも敗れた韓国チームは感じていることだろう。

そこには、さまざまな、要素。そしてその中には「運」というものも多分に含まれているだろう。
>>Ranking

原監督が優勝監督としてコメントしていたが、イチローのセンター前のヒットは生涯忘れないだろう、という言葉は、1番イチローを使い続けた指揮官の信念がそうコメントさせたのだろう。

ミラクルをペナントレースで成し遂げた指揮官は、WBCという世界舞台でもいかんなくその采配と、運をもたらしてくれた。

心から侍ジャパンの戦士に拍手を送りたいと思う。
>>Ranking

0 件のコメント: