2008年11月20日木曜日

株主優待はなくなり、株価は下がる

株価の乱高下は相変わらず続いており、メタボ親父の株主デビューは未だに果たせぬ状態が続いております。
本日の東京株式市場は、3週間ぶりの8000円割れだそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000555-san-bus_all
挙句の果てに飛び込んでくるニュースは、景気の悪いものばかり、その一つが、「株主優待実施企業が初の減少」というもの。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081119-00000572-san-ind

個人株主のささやかな楽しみが配当金の受け取りと
株主優待だと思います。

株価の乱高下を繰り返しているといっても、メタボ親父のように少額のふだん動かさないような金額でこっそり買おうと思っている株ならば、やはり楽しみにしたいのは株主優待と、配当金ですよね。

ネットで株を買おうかと思って数週間。
いろいろ周囲に聞いてみても、頻繁に株式の取引を行うつもりがないのなら、安定した配当を見込めるところと家族のためになるような株主優待の良いところがおすすめだよ、とは誰しもいうところのようです。
>>Ranking

そんな話をしている矢先の株主優待実施企業の減少というのは、ショックが大きいですね。
全部の企業ではないにしても、自分が購入している株の会社であったらと思うとやはりあまり気分の良いものではありません。

これからさぁ!
と思っていたのですが、なおさら尻込みしてしまいます。
尻込みするような金額じゃないよ、と友人からは笑われましたがね。。。

最近は散歩中にも頭に過ぎるのはメタボのことと株の乱高下のこと。
メタボ親父の株主優待と配当良しの会社選びはどうなることやらといったところでございます。
にほんブログ村 男のダイエット

2008年11月9日日曜日

散歩も寒い、株価も寒い?

外は完全に冬入りといった状況で、毎日の散歩も寒風の中でという季節に突入してしまいました。メタボ親父の体重は、71kgで止まったまま、念願の60kg台に入るのは容易ではないですね。朝バナナダイエットの効果もここに来て低迷ということでしょうか。
マイナス8kを記録した後は変わらずという状態が続いています。
>>Ranking

さて、先週末日本の株価は再度9000円を割り込んで今週の見通しも暗いものになりそうでしたが、アメリカの株価がオバマ氏の大統領になってからの政策に期待をこめてまたまた反発し、上昇に転じたそうです。

それにしても株価というものは日ごとに上昇下降を繰り返すものですね。
買い時売り時が難しいと言いますが、これではなかなか素人が手を出すのは難しそうです。
ネット株取引の準備が整いましたので、いつでも株を買える状態にはなったのですが、今一歩踏み出せないでいるメタボ親父であります。

明日の株価は、アメリカの株価上昇ということから、どうやら日本でも上昇しそうですし。
こんなに躊躇していてはいつになっても「株主」にはなれそうにないです。
躊躇するような金額ではないですがね。。。
>>Ranking

そうそう、一人当たり1万なにがしかのお金がもらえるということで、我が家では5人家族なので結構な金額になりますが、これを投資に回すというのも一つの手かもしれないと妻と話していました。

それこそタンス預金にしたりしてしまっては、経済対策に一役買えない訳ですし、消費するか、株式投資でもして市場に還元して、さらに数年後の株価上昇に期待するというのもまた一つの名案かもしれません。

こんなことでもないとお金を出して、或いは貯蓄を崩してまで株式投資などなかなかできない訳ですから。

ネット株取引。
メタボ親父が株主になる日は今週中に来るのでしょうか。
>>Ranking

2008年11月6日木曜日

株の暴落を個人投資家が救う?

ここのところ株暴落、株高騰の話が続いてしまってますが、性懲りもなくまたまた目に付いたのが、株、特に個人投資家の話です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000084-san-bus_all

メタボ親父はピンと来てなかったのですが、日本の株式の購入シェアというのは、外国人の投資家が割合が極めて大きいとのこと。
>>Ranking

日本の投資家がアメリカや中国、はたまたインドの株まで買う時代ですから、日本株に外国から参入してきても問題はないのですが、やはり日本の企業に投資しているのが外国人というのはあまり良い気がしないものです。

昔から株の取引というのは、ビジネスマンが行う、或いは経済に詳しいお金持ちが行うと思ってましたが、どうも最近はそうでもないようです。
そうでもないと申し上げても、もちろん個人投資家による株の取引比率はさほど多くないものらしいですが。

ここ最近の傾向として、ニュースなどでも取り上げられているように、個人投資家による、ネット株式が人気で、メタボ親父も参入しようとしているくらいですから、そちらの方でどうも買いが膨らんでいるとか。
>>Ranking

意外にメタボ親父同様、株を余り知らない素人がこれ以上下がることはまあないだろうとか、長く持ってりゃ上がるだろうとか、そんな勢いで株投資を始めるのが多いのかもしれません。

いずれにしても、個人投資家による購入額が売却額を上回る「買い越し」というものが、平成20年の通年で18年ぶりだということで話題になっています。
>>Ranking

このニュースで知ったのですが、12月は決算の企業が多く、「12月決算期に向けて現金化のための売りが強まり、再び下落に転じるリスクも指摘されている」とのこと。決算なら配当狙いで買いが増えるような気もするのですが、どうやらそうでもないようですね。

いやぁ、やっぱり株は分かりません。
ネットで株の取引が簡単に始められるといいますが、思っていたよりも敷居は高そうです。

どうやって選んで、ネットで株を買うのか調べてみないと、高くなってからつかんだら、素人は最悪の状態にハマりそうです。
>>Ranking

2008年11月5日水曜日

米国株上昇! 一方で日本株は?

米国株の上昇がすごいですね。大統領選当日としては過去最大の上げ幅だそうです。やはり、新大統領に求める経済政策に期待を寄せているということでしょうね。
アメリカで株価が上がると日本も!というのが傾向なだけに日本の市場にとっても好材料ではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081105-00000233-reu-bus_all

世界的な金融危機。様々な金融・経済政策が期待され、論じられているのですが果たしてこの危機は本当にいつ収まるのでしょうか。
>>Ranking

しっかりネット株取引を始めようと意気込んでいたメタボ親父ですが、上がり始めると逆に買えないという淋しさ。
下がっている時だったら、どん底状態の時にでも購入すればいいのですが、こういうように株価が上がり始めると今買っても大丈夫なのかと考えてしまいます。

東証の平均株価が10000円を超えているときから見ればまだまだ安いということもできるのですが、数万円というお金を右から左に動かすというのはやはり度胸無しのメタボ親父には難しい話になりそうです。
>>Ranking

株の売買を毎日何十万、何千万などというのをやっている方々達の神経というのはどういうものなのかと考えてしまいます。

自分の予算に合ったものを業種を変えて2つ位持とうと思っているのですが。
数年後に大幅アップすることを期待して。
甘いですかな?
>>Ranking

家計費以外に使いたいお金ですね、こういうお金は。
でも、利益がもし出たら譲渡税がかかるとか。
確か麻生総理は株式の利益には税金を優遇するとか言ってましたが、その辺はどうなんでしょうね。
大した額の株を買うわけでもないので、利益と言ってもたかが知れているでしょうが。

宝くじでも買ったと思い気長にまとうと思います。
さて、何を買うかだな。銘柄選びもサイコロで決めますか?

散歩にはかなり厳しくなってきたこの頃ですが。
風が吹かないとほんとにポカポカ陽気ですなぁ。

体重の減った分だけ、お金がたまる!何てことがあったらいいのですがねぇ。
>>Ranking