2008年10月7日火曜日

金木犀はメタボに良いか?

金木犀の香りがそこかしこに香るようになってまいりました。
毎日散歩をしていると香りの強い日、弱い日なども感じられそれはまたそれで楽しみなところもあります。

ここのところ朝の散歩はバナナ探しの旅と化していましたが、すでに朝バナナダイエットに関しては、しばらく頓挫してもしょうがないなという気持ちになって参りました。

というのも、朝バナナダイエットの基本はダイエットにストレスを持ち込まないことでした。
つまり食材を用意するのにストレスを感じるようではその最初の時点から間違った方法となってしまいます。

とりあえずー8kgになってはいますので、朝食をバナナが無い時にはシリアルに切り替えようと思い、こちらの食材を用意した次第です。
それにバナナがいつの間にか高級食材に格上げされてしまい庶民の食べ物ではなくなってしまったような価格が付いています。 >>Ranking

バナナは庶民の食べ物ではない!などと時代錯誤をしているどこかのコメンテーターもおりましたが、そんな何十年も前の話をしてもらっても困る訳でして。
遠足、病気の時しか食べられないバナナでは、少なくとも現在はなかったのですから。
>>Ranking

さて、金木犀の話に戻りますが、この香りがどうもリラックス効果があるような気がしてなりません。小枝をグラスに差して、風呂場に置いておいてもなかなか良いですよ!

入浴剤の合成された香りと違い正に天然物ですから。
人間はやはり自然の香りに包まれている時が一番良いですね。

ただ、金木犀の香りがメタボに効果があるかどうかは疑問ですが。
メタボ親父が勝手に良かれと思ってやっているだけです。

季節感が薄れている昨今。
季節の花や音などに目、耳など五感に働きかけて自然を楽しみたいものです。
>>Ranking

0 件のコメント: