2008年9月10日水曜日

ミューファンとは

ミューファンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ミューファンというのは、実は会社名、そして「新しい素材」の名称です。
(純銀をポリエステルフィルムに挟んで細く切った「純銀の糸」ミューファンは登録商標となっています)
我が家で頻繁に登場することになっているこのミューファンという言葉ですが、これにはメタボ親父と深いかかわりもあります。
ミューファンに関するニュースを1部引用しておきます。

豊島は抗菌防臭などの機能を持つ純銀糸「ミューファン」をカーシート地向けに販売しようとメーカーと開発を進めている。同社が供給した糸を使い日本、韓国、欧州の有力カーシート地メーカーが試作中。巨大な潜在需要を狙う考えだ。
 ミューファンは透明なポリエステルフィルムに純銀皮膜を真空蒸着させ、そのフィルムを細かく切ってスリット糸にしたもの。ポリエステルやナイロン、綿、ウールとの交撚糸やカバリング糸など4種の糸があり、抗菌防臭、帯電防止、熱遮断などの機能を持つ。太さは22単~40単、74~128デシテックス。
 現在、オーストリア最大のカーシート地メーカーや韓国の有力メーカーがミューファンを使った生地を開発中。韓国では早くて今夏、大手自動車メーカーに供給が始まる見通し。日本でも同様の開発が進んでいる。スリット糸は厚さ約18ミクロン、幅150ミクロンと細いため、蒸着、切断に高い技術を要し、日本でしか生産できない。
http://www.sen-i-news.co.jp/seninews/viewArticle.do?data.articleId=54092&data.newskey=ca31339444e880f8af32b6c96a68ae50

このミューファンを使った様々な家庭用品が製品化されて、現在人気なのだとか。
北京五輪でも日本選手は、このミューファンを用いた柔道着を使って防臭・除菌をしていたということです。(日本選手だけではないかもしれません) >>Ranking

我が家では、メタボ親父の加齢臭などを防止しようと妻が躍起になっています。
靴下や下着などにもミューファンを使ったものがあります。そのほかにも布巾などの台所用品そしてバスルーム、ペット用品などの商品など防臭・除菌に絡むものは全ての商品と言っていいくらい、実に様々なものが商品化されております。

防菌・防臭などというと様々な化学物質などが含有されているものがありますが、ミューファンは銀、Agのみというのも高い安全性が評価されているところだと思います。



メタボ親父の使っているソックスやお風呂のフタ。
確かに臭いなどはかなり抑えられています。
それにしても良くこういった技術というものが、日用品に応用できるものです。
銅のカケラなどを台所の排水溝に入れておくとヌメリが出にくいなどと言うことは昔から言われえ来ましたが、銀という金属を繊維にまで応用してしまうのですから、技術の力には舌を巻きます。

我が家の受験生にもこのような科学の素晴らしさを知って、自分たちもそれらに関わるような仕事をしてもらいたいと密かに願っているのですが。
息子も娘もどういうような選択をするのか、まだ分かりません。
環境を考え、かつ科学の進歩につながるようなそんな人に優しい選択をして欲しいと思います。

0 件のコメント: