2008年9月1日月曜日

バナナダイエット(朝バナナダイエット)とは、どの効果は

バナナダイエットという言葉、方法を聞いたことがありますか?
朝食バナナダイエットなどとも言うそうですが、このバナナダイエットをいつも登場する同業者のM氏から聞き早速実践してみることにしました。
先日の痛風のおかげで、私の体重も5kg近く落ちています。
ただ、以前の食生活や飲酒をするようになると戻ってしまうのは必然。
そこで、ダイエットを始めることにしました。
というのも、痛風になって気がついたことがあったからです。
それは、普段の生活の中で、足には相当の負担がかかっているのだということを改めて感じさせられました。普段なら何の気なしにもてる荷物でも、足に痛みがあると持てないのです。
つまり、体重が増えればそれだけ足にも負担がかかっていることになる訳です。
散歩による筋力アップはいいですが、もともとの身体の方を何とかしないと、散歩さえ負担になる可能性だってあります。そこで手軽にできるダイエットとしてバナナダイエットを教えてもらった次第です。
今回のダイエットは妻も参加すると言っています。
先日のブログで書いた通り、妻も足(膝)の痛みのためにヒアルロン酸やコンドロイチンといった健康食品を摂っています。ですから、ダイエットによりさらに足への負担を軽くしたいそうです。

バナナダイエットのやり方は実に簡単。
正確には、いろいろあるのでしょうが、とにかくまずは、朝食にバナナを1本か2本を水を飲みながら良くかんで食べるだけというものです。
昼食や夕食には通常通りどのような食事を取ってもOKだとか。
できれば、おかずは少なめでご飯を多く取るのが良いそうです。(ご飯は特に取らねばならないものではなく、満腹感を得るならおかずよりもご飯ということです)

そんな訳で、バナナを大量に買い込んでみたのはよいのですが、バナナは保存が難しいです。
シュガースポットが出てしまうとやたらと柔らかくなります。
どうもバナナは自分を熟させるためにエチレンガスを出しているらしく、まとめて置いておくとさらに熟すのが早くなるそうです。1本1本ばらしてラップにくるんで冷蔵庫に入れるというのは良いというのですが、やはり皮は黒くなってしまうようです。

家族3人で毎朝食べると慣れば、大量に買いこんでも1週間足らずでなくなってしまうでしょうが。
朝食のおかずをあれこれ考えなくて済む妻にとったら意外にバナナダイエットは、家事にとっても助かることだと歓迎しているようです。

バナナダイエットの効果が我が家にとってどの程度になるかは分かりませんが、様々な体験談では、半年で18kg体重減!という結果も出ているようです。
なかなか運動に縁がない我が家でも同様の効果が出るか分かりませんが、頑張ってみようと思います。

0 件のコメント: