2008年8月30日土曜日

全国学力テストの結果について

全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が公表され、
・再開1年目の昨年度と同様、秋田、福井が上位だった一方、沖縄、北海道は振るわなかった。
・正答率は各分野で前回より8-16ポイント低下。同省は出題内容を難しくしたことなどを理由に挙げ「学力が低下しているとは言えない」としている。
といった記事が新聞、ネット上に公開、投稿されている。
また、これらのテストの意味が分からない、何の参考にもならない、都道府県の順位付けだけに利用されているようだ、自分の子供には受けさせたくないといった意見も出ている。

確かに、そういった面、意見が出てくる理由も理解できなくはないが、個人的には極めて意義があるテストだと考えている。
例えば、都道府県の順位付けなど必要ない、という意見もあるようだが、教育の格差を真剣に受け止めている地域にとってみれば、子供が受験を迎えたときには大きな課題として「格差」に対応しなければならない。高校受験なら地域、学区だけで済むが、大学受験となれば、全国区が必定だ。

地域において早目に対策をとっておかなければ、それこそ大変な遅れとなる。
私立、公立の学力差が叫ばれ、教育にはお金がかかるものだという認識も一部にはあり、それはある意味正しい部分もある。

しかし、公立でも地域をあげて学力向上を目指す、全国レベルに学力を引き上げるという中学、高校もあっていいはずだと思う。
東京都内でも私立の難関大学進学率がやたらと高いのは周知の通り。かといって以前に進学校であった公立だって負けてはいない。

進学、高学歴だけが子供たちの進む道ではないという話も度々出てくるが、そういう感情論で問題になるのが知識を得ることに対する偏見ではないだろうか。
読み書きそろばんという、日本人が当たり前にできたことが当たり前にできない世の中になっていることを反省し、抜け出せない限り、マンパワーを発展の基礎としてきた日本の将来が危ぶまれると考えてもいいのではないだろうか。

運動をすることを否定するものでもないし、芸術を否定するものでもない。ただ子供たちの個性を伸ばすというお題目で、学力、勉学を極めたいという子供たちの芽を積み、可能性を否定してしまうという側面が現在の教育には存在するということも考えておかなければならない。

小学生の頃から、体操をやり、水泳をやり、ゴルフをやる子供たちがいるように、小学生の頃から漢字、文章、英語、数学、など学業を究める、のめりこむ子供たちがいてもいいはずだ。
どうも最近の教育は、自由と平等といった耳障りの良い言葉を標榜し、飛びぬけて優れた人間、リーダーシップを持った人間の育成を怠っているような気がしてならない。

0 件のコメント: