2008年8月22日金曜日

ソフトボール女子、最後の金メダルをつかむ

上野選手の3連投、400球を超える投球で、北京オリンピックソフトボール競技の金メダルを、日本が金メダル獲得で有終の美を飾った。周知の通り、次のロンドンのオリンピックではソフトボール競技は、正式種目から外れることが決定されている。つまり、今回が最後のチャンスだった訳だ。

そのチャンスを見事日本がつかんだ。
上野選手は優勝のインタビューで、「心の強さが一番の人が、最後は勝つことが分かった」と言っていた。それだけ日本ソフトボールチームの優勝への心が強かったということだろう。
その心の強さは、言葉だけではなく、3連投のアメリカ戦、オーストラリア戦、そして決勝戦である再度のアメリカ戦に全て先発し、完投するという「偉業」に現われていたということが言えるだろう。

それにしてもこの上野という選手、素晴らしい気力の持ち主だ。決勝戦でも2度の満塁のピンチをゼロで抑える気力、もちろん技術も備わっているからだろうが、オリンピックという舞台でその技術を出し切るにはやはり「気持ち」がないといけないだろう。素晴らしいの一言だ。

また、視点を変えると、試合を解説していた宇津木妙子元日本ソフトボール監督の声色を聞いているのもまた楽しかった。こんな風に書くと怒られそうだが、宇津木さんもどのくらい金メダルが欲しかったかというのがわかる。最後のアウトをとった時、ほとんど絶叫に近かった。そしてその後しばらくして、沈黙した解説となった。
おそらく、涙が流れて解説できなかったのだろう。
日本のソフトボールの金メダルはこのようなOGや多くの関係者の支えも見逃すことはできないだろう。一つの競技で金メダルを獲得すると、当然のことながらその選手に注目が集まるが、多くの選手も語っているが、決して一人だけで勝ち取ったメダルではないということが分かる。

今日はまもなく星野ジャパンの決勝トーナメントが始まる。準備不足、選手の怪我などで決して万全ではない星野ジャパンがチーム一丸となってどのような試合を見せてくれるか楽しみである。
日本ソフトボールの金メダルという大きな追い風を受けて、星野ジャパンが悲願の金メダルを獲得できることを切に願いたい。

0 件のコメント: