2008年8月16日土曜日

メタボ親父の休みも、北京五輪も後半へ

メタボ親父の休養もお盆が開けて残り2日となりましたが、どうも体調が思わしくない。
先日の散歩の時から足首に痛みを覚えて、ここ数日その痛みが続いている。
メタボ親父、恥ずかしながら痛風持ちで医者から薬をもらっているのだが、ここのところ飲んでいなかったのと、仕事がつまっていたせいで運動不足がたたって、発作がぶり返してきたのかもしれない。
歩けないほどの痛みではないのだが、散歩ができるような状況でもなく、しばらくはおとなしくオリンピック観戦でも決め込むしかないようだ。

さて、連日オリンピックではヒーロー・ヒロインが誕生しマスコミ、マスメディアを騒がしているが、メダル候補と言われながらメダルを逃した選手への対応は非常に冷たい。
男子柔道などほとんどニュースで触れる程度の扱いになっている。視聴率を気にするのが民間メディアであるのでいたしかたないとはいえそのメダリストとそうではない選手との扱いは天と地ほどの差がある。

昨日どこかのニュースでやっていたのだが、メダリストとそうではない選手の扱いは帰国時の飛行機の中から始まるのだそうだ。
メダリストたちは飛行機のファーストクラスに座らせられ、それ以外の選手はエコノミーだそうだ。その上日本の空港に着くや、メダリスト以外の選手は空港で解散となるらしい。飛行機から出るのは、メダリストの後だそうで、その差別たるや相当なものだということだ。

しかし、そこまで扱い方に差をつけるということはどうなのだろう。出発前はいろんなところでちやほやしておいて、メディアでも散々持ち上げるだけ持ち上げておいて、メダルを取れなければ、「ハイさようなら」という態度にはいささか疑問を持つ。

今日からは北京五輪でも大注目の女子レスリングが始まる。
マスコミ、メディアでは、全階級金メダルなどと大はしゃぎだが、果たしてそんな簡単に実現できるものなのだろうか。確かに日本の女子レスリングのメンバーは、伊調姉妹、吉田、浜口、などなど強力なメンバーが揃っているのは誰しも認めるところだ。
しかし、それと金メダル獲得とは別問題だ。オリンピックで金メダルを取るということは実力以外に必要なものがあるのだと、別の場所では言っているではないか。

期待するのは勝手だが、あまりにもメダルメダルと騒ぎすぎるのは、本人たちに不必要にプレッシャーをかけることになるだろう。本人たちが、メダル獲得の覚悟を持って臨むという姿勢は大いに頼もしく、喜ばしいことではあるが、それを周囲があまりにも持ち上げすぎることは、控えるべきではないか。

オリンピックの話題と言えば、メダルの獲得数など取った、低次元の方程式は、その辺の井戸端会議に任せておけばいい。公共の電波を使って報道するするのなら、オリンピックのアマチュアリズムの注目すべき、感動するようなシーン、プレー、選手を探し出し報道して欲しいものだ。

メタボ親父初め、我々がメダルでしか選手を評価しないような姿勢を無意識にとってしまっていることにも問題が大ありだということは自戒をこめて意識しておかねばならないが。
オリンピックにたどり着くまでの苦労などほとんど知らず、本番だけの結果をどうこう評価をすることだけは、控えたいと思うメタボ親父である。

0 件のコメント: