2008年8月12日火曜日

オグシオとスエマエ

オグシオというキーワードで女子バドミントン界を引っ張ってきた小椋・潮田ペアが北京五輪4強を逃し、残念ながら中国ペアに敗れた。
美人ペアとしてマスコミの話題をさらい、写真集まで出版したというまさしく超人気ペアだったようだ。
オグシオと同じ日に8強を決めたスエマエペアとの扱いに関しては天と地ほどの扱いの違いがあった。
新聞の扱いもオグシオペアに関しては大きな扱いで、スエマエペアに関してはほんとに小さなものだった。

そのスエマエペアが反撃に出た。
何と中国の、いや世界のナンバーワンペアを逆転で打ち負かしたのだ。
ここで一気にマスコミの扱いが変わってくる。おまけにひどいところは、「奇跡の勝利」とまで言い切っている。ランキングが大きく違うのでその勝利は誰もが予想しなかったとは思えるのだが、「奇跡」とまで書くことは失礼だろう。

オグシオペアがバドミントンの人気を高めたことに関しては大きな貢献をしたことは認めざるを得ないが、やはりマスメディアの扱いは、実力と相応の扱いをすべきだと考える。
こういっては失礼だが容姿や人気でメディアの扱いを大きな差別を加えるのはどうかと思う。

今年の7月にはスエマエペアはオグシオペアを破っている実力のあるペアである。
そういったなかなか現場にいないと分からない状況から実力者を見つけ出し紹介するのがメディアのはずであるのに、あまりにも大きく人気や受け手の意向を反映しすぎているきらいがあると考える。

今回オグシオペアが4強を逃し、スエマエペアが4強入りし、そしてメダルまでの大きなチャンスも出てきた。オグシオ人気の陰に隠れてさぞや苦労したことだろう。心中をお察しする。

オリンピックを契機として、バドミントンの人気が上昇し、選手を目指す人が増えることは大事である。
冬季オリンピックでも、カーリングという競技の人気が爆発したということがあった。
このスエマエ人気にあやかりバドミントンが見直され、女子バドミントンが再び日本のお家芸と復活することを望みたい。

スエマエという呼び方は、メディアにこのように登場するので書いてしまったが、本人たちはそう呼ばれるのはあまり好ましくないと仰っているので、最後ではあるが、末綱聡子、前田美順ペアと訂正しておこう。

0 件のコメント: