2008年8月9日土曜日

北京五輪開幕、メタボなんて吹き飛ばせ!

いよいよ北京オリンピックが開幕し、今日は早々と「メダルが期待される」日本選手が登場する。
メタボ親父とすれば、周囲のメダルがどうこう言う雑音には惑わされず自分を信じて勝負して欲しいと思うばかりだ。スポーツ、勝負は結果が全てと言われる時もあるが、オリンピックがアマチュアの祭典であるいじょうメディアで騒ぐほどメダルに固執する必要など毛頭ないと思う。
ただ、日の丸を背負っていく以上、ただ楽しみたいからなどと中途半端な気持ちで臨んで欲しくないという気持ちはある。

初日は女子重量挙げの三宅選手、女子柔道の谷亮子選手などが出場することになっており、テレビでもひっきりなしにメダルメダルと連呼している。
実に情けない。
結果としてメダルがついてくれば最高ではあるが、あまりに周囲で騒ぎすぎるのもどうかと思う。

先日野球の日本代表の誰だかが言っていたが、金以外のメダルだと日本に帰ってこれないみたいなことを言っていたが、そこまでのことを選手に言わせること自体が問題だと思われる。
もちろん星のジャパンには大いに勝利を期待したいが、トーナメントに近い状態、それも短期決戦の中で選手が揃っていてさえ思うような結果を出すことはかなり難しいことだろう。
日本の力を見せ付けるという唯一点に心と体を集中して欲しいと考える。

先日男子、女子のサッカーの予選が行われた訳だが、
女子はドローにこぎ着けたが、男子はアメリカに1点差で涙を飲んだ。
翌日のメディアは散々な評価だ。「決定力不足」とあちこちで書き放題。
アメリカ戦敗戦の責任は、そんな「決定力不足」を予め知っておきながら、アメリカ戦をさも最初から勝ち点3をただとりにいくための試合ぐらいにしか見ていないという論調だったのはメディア側だろう。
勝って当たり前、勝たねばならない、などと周囲で騒ぎすぎだ。
もう少し勝敗に関する予想などについては黙ることができないだろうか。
見ている方は勝って欲しいという気持ちがもちろんあるために、メディアに乗せられてついつい期待してしまう。であるから負けた時のショックがやたらと大きい。
冷静に分析してさえいれば、そうそう国民全員が勝利を信じれるような状況の選手などいないはずだ。


そんな最近のうるさいメディアの中にあって、昨日のNHKのキャスターは素晴らしかった。
北京オリンピックの開会式の初めの方で
「この感動をしばらくお楽しみください。」といった感じのコメントで、視聴者が個人で想像し楽しめる場面を演出した。
色がどうの、人物がどうの、仕掛けがどうのなどといった説明は翌日の新聞で結構。
ライブで放送しているのならその会場の感動を伝えるような放送で良いと思う。
北京オリンピックの開会式の中身がどうだったかという問題はさておき、しばらくぶりにNHKのアナウンサーには感動させられた。

ここが勝負どころ!

そんなときには「黙る」という方法も大事なメディアの選択肢の一つだということを
特に最近のメディア関係者の皆さんには覚えておいていただきたい。

1 件のコメント:

沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】 さんのコメント...

沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

「本物なのか!?」――。
1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。
あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。


http://rookies2.blog33.fc2.com/blog-entry-1.html


 実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、DVDの途中でこんなテロップが流れる。


http://rookies2.blog33.fc2.com/blog-entry-1.html