2008年7月28日月曜日

メタボ親父の夏

メタボ親父の夏は仕事がメイン。
夏期の休暇など長期休暇がある学生たちを横目で見ながら仕事が忙しくなるのがこの時期である。
子供相手の仕事であるので、いざ仕方ないと言えばそれまでなのだが。やはり夏は家族で旅行などをしたいと思うのだが、なかなかそうも行かない、かといって休みに入るのはお盆の時期だけであり、その時期ともなると今度は交通機関が混雑で出かける気にもなれないのだ。

 たまに、何年かに一度ではあるが、東北の知り合いのところへ出かけたり、ついでに田舎暮らしを民宿などで家族で経験してくるくらいが今までの楽しみではあった。
東京の雑踏を離れ、海や山で子供たちを遊ばせるのもこれまた楽しみでもある。
さらには、民宿などは料金も安く、食事も地元の山菜や魚介類などを味わうことができる。東京で同じ料理を食べようとしたら大変な出費になる。

 ここのところ出かけていないので家族からは旅行に行きたいコールが起こっているのだが、何せ受験生を抱える家族としてはそんな旅行どころではないという現実がある。
受験でも落ち着いたらゆっくりのんびり出かけようという計画だが、果たして我が家の受験生は来年キッチリと決めてくれるのかどうか。

 これからますます暑さが増して受験生にとっても大変な時期となるのだが、そんな条件はみんな一緒である。自分の夢に向かって厳しさを逆に楽しむくらいの気持ちで学習に励んで欲しいものだ。
夏が終われば否が応にもその結果が数字となって現われることになる。結果が出てから慌てないように、自分の計画をしっかりと進めてほしいとおもう。
仕事柄自分の子供たちには逆に厳しい環境になってしまっているところもあり心苦しい場面にも出くわす。しかし、勉強は自分で進めるものだ、ということを小さい時分から教えておいた。その身につけたことを存分に発揮し頑張って欲しいとメタボ親父は願うばかりである。我が家の受験生頑張れ。

0 件のコメント: