2008年6月15日日曜日

気持ちのいい朝

昨日は東北地方で大きな地震があり
被害にあわれた方大変でした。
まだまだ被害状況が把握できていないところもあるようで
素早い救済活動が望まれるところです。

自然というのは本当に残酷かつ冷たいところがあり
そんなことがあった翌日にも窓からは朝日が差し込み
こちらではとても気持ちの良い朝を迎えることができています。

同じ日本に住んでいるのに
と思うと複雑な心境です。
自然災害は他人事ではなくいつ何時自分に降りかかってくるやもしれません。
日頃からの準備を怠りないよう
そして心の準備もしていかねばならないでしょう。

メタボ親父も毎日の散歩を欠かさず
自分の身体を自分で守るよう
心がけて行きたいと思います。

そろそろ巷では夏休みの学習会などの話も出てきているようです。
この歳になると親戚知人にも受験を迎える子供たちが出てきますが
最近の受験事情というのはどうも昔とはどうも趣が違っているようで
親子で受験の準備をしなければならないとも聞きます。

ただ受験というのは誰しもがくぐらなければならない関門でして
それが一概に無駄かというとそうでもないところがあります。

とくに子供たちに「今やらねばならないものを今やる」という
そういった習慣を教えるのには大きな手段になる訳です。

粘りがない、考えることを嫌がる
そんな風潮であるという子供たちには受験は
自分を知る良い機会にもなるのではなかろうかと思うのですが。

実際に受験を、受験に直面している親たちにはそのように考える
余裕などないとは思いますが
是非やらなければならない、くぐりぬけねばならない受験というシステムを
前向きに考えぶつかっていって欲しいと思う訳です。

メタボ親父はあまり受験というものには縁がなく
社会に出てからも受験したのはアマチュア無線だけという
お笑いの受験人生ですが。
そのアマチュア無線も資格は取れど実際に交信はほとんどしないで
眠らせているという資格であります。

そろそろ免許を復活させて外国との更新などを楽しんでみようかという気にも
なってきたのですが、なかなか重い腰を上げることができないです。

まずは、自分の体重腹周りを減らして
腰を軽くしなければと思うこの頃であります。

気持ちの良い朝を迎えられた幸福に感謝して
今日も元気に散歩に出かけて参ります。

0 件のコメント: